バックナンバー
  • トップ /
  • 妊娠初期に頭痛が起きる原因

ホルモンの乱れによる頭痛

妊娠初期に頭痛が起きる原因

妊娠中に出来る対策とは

妊娠の初期症状の一つに、頭痛が挙げられます。妊娠をしていなければ、直ぐにでも市販薬を飲んで対策をするのに、どうしたら良いのか解らなくて、痛みに耐えているなんて女性も多いのではないでしょうか。実は妊娠初期症状で起こる頭痛には、女性ホルモンのバランスが乱れる事で起こる偏頭痛と、血行不良で腰や肩、首などが凝ってしまう事で起こる、緊張型の頭痛が挙げられます。この場合には、お腹が大きくなることで疲れやすくなり、寝不足になる事でも引き起こされますので、非常に注意が必要です。妊娠中でも取れる対策はいくつかありますが、まずは脳の活動を安静にして、ゆっくりと休む事が重要となります。コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには、血管を収縮させる作用がありますので、適度であれば摂取をしても良いでしょう。また、どうしても痛みが酷すぎて、辛いと感じた場合には、一度産婦人科に行って、医師に相談をしてみましょう。市販薬に頼るよりかは、病院で薬を処方してもらったほうが安心です。そして、頭痛の原因が妊娠中だけに起こる高血圧症候群だった場合には、別の治療を行う必要があります。初期症状には色んなものがありますので、自己判断で何とかしようとはしないで、異常を感じましたら、必ず医師に相談をしましょう。

↑PAGE TOP